月次会計チェック

月次会計チェックサービスで、もっと「数字に強く」なる。よりもっと「会社が強く」なる。
経営者の夢を実現するためには、事業計画に対する状況をタイムリーに把握することが大切です。
利益を確保するためには、会計事務所に数字を任せきりにするのではなく経営者自身が正確にタイムリーな会社の現況を判断し行動に移さなくてはなりません。
特に金融機関からの融資を受けることが困難な風俗営業では毎月の経営成績を常に把握する事が重要です。
納税スケジュールを含めた資金計画に強くなることは、会社が強くなることに直結します。
当事務所の月次顧問サービスは、数字に強い経営者になるための最短ルートです。
また、風俗業界における税務調査の最新トレンドと税務調査対策もお伝えさせていただいております。

サービス内容
  • 税務相談(電話・面談・メール)
  • 毎月、月次決算書の作成とご説明
  • 経理状況のチェック
  • 経営指導や同業種比較
  • キャッシュフロー診断、資金繰り改善提案
  • 決算対策の検討
  • キャストとの業務委託契約書の最新バージョンお渡し
  • 納付書作成指導
  • 各種税務届出書の作成および提出代行

お客様には複数人のチームで対応させていただきます。
チームの中の主担当者が定期的に面談し、お客様の状況にあわせた提案をさせていただいております。
税金、経営にまつわることなら何でもご相談ください。
また、当事務所には、税理士・社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャルプランナーが在籍していますので、
経営サポート専門家によるトータルサポートの提供が可能です。

このようなお客様にお勧めいたします
  • 数字のことはよく分からない、でも数字に強くなりたい
  • 数字を経営にどう活かしたらよいか教えて欲しい
  • タイムリーに会社が儲かっているか、資金繰りに問題はないか把握したい
  • 予算と実績にズレがないかを確認したい
  • 数字から問題点を把握できるようになりたい
  • 今、手を打つべきことが知りたい
  • 同業の現況が知りたい
  • 税務調査について知りたい

経営者がもっとも知りたい情報を迅速に提供いたします。
数字から利益向上につなげるサポート体制は万全です。

記帳代行

営業が忙しくて経理のことなんて考えたくもない。
「経理」「会計」の響きだけで難しい、面倒臭いと感じる方もおられるのではないのでしょうか。
しかし、これは経営者であれば誰でも感じたことのある本音だと思います。

気付けば日報や領収書は山のように積もっている。
帳簿をつける必要があることはわかっていても、お金がうまれる作業ではないからどうしても気がのらない。
経理スタッフを雇う余裕はない。
情報漏洩の心配もあり安易に従業員に任せられない。
誰かまとめてやってくれればいいのに。

社長、めんどくさい経理は当事務所に丸投げしてください。
風俗専門税理士事務所がしっかりと受け止めます。

このようなお客様にお勧めいたします
  • 営業が忙しくて経理どころではない
  • 資料整理が苦手
  • 経営状況は気になるが、処理の方法が分からない
  • 会社の帳簿を従業員には知られたくない
  • 不正経理や間違いがあるかもしれない
  • だいたいの数字しか把握していない
  • 経理に余分な時間とお金をかけたくない
  • 風俗営業の経理代行、記帳代行を引き受けてくれる業者がない
  • 今の会計事務所が記帳代行を引き受けてくれない。
  • 顧問税理士が高齢で今後が心配。
  • 今の経理処理が税務調査で指摘されないか不安
  • 業界特有の源泉所得税や消費税の判断が不安
経理、記帳を丸投げするメリット
  • 経理スタッフを雇うよりも風俗専門税理士事務所に依頼した方が人件費を削減できる
  • 風俗営業に特化した経理のプロが入力を行うので、正確・迅速に毎月の損益やお金の流れが見える
  • 従業員に会社の数字を知られずに済むので、情報の機密性が高まる
  • 税務調査時にも風俗専門税理士事務所が総勘定元帳を出力してご準備しますので安心です

安価な料金で、最大限の安心と費用対効果が得られるのが特徴です

決算業務

・最終利益はどれくらいになるのか
・納税額はいくらになるのか
・もっと節税はできないものだろうか
・この申告内容で税務調査に入られないだろうか

こんな不安ありませんか?

また、風俗業は銀行から融資を受けることが困難な業種です。
風俗営業を経営する誰もが、なるべく税金は少なくしたいと考えていると思います。
お任せください。
風俗営業に特化しているので通常の税理士事務所とは違った目線で合法的なアドバイスをさせていただきます。

  • 脱税の相談、および当事務所からの脱税の提案依頼は一切受け付けておりません。
    安易な脱税計画は必ず税務調査時に見つかってしまいます。
    合法的な節税をして健全な経営をされる事をお勧めしております。
サービス内容
  • 申告書作成
  • 決算書作成
  • 当期決算予測の報告
  • 決算対策の検討
  • 概算法人税額の報告
  • 節税診断
  • 資金繰りシュミレーション

決算直前になって対策を始めることのないよう、時間に余裕をもった対策が重要です。
あらゆる対策からお客様にとって最もメリットのある対策内容を事前に説明いたします。

また、納税額を慌てて用意するということがないように概算額は対策開始と同時に必要に応じてお伝えしていきます。決算の説明はどうしても過去の経営成績に対しての言及が多くなりがちですが、当事務所では、会社の努力の結晶である「利益」を最大限に有効活用するための、単なる「過去の経営成績の説明」だけではなく、将来へ向けての経営計画やリスク予防を提案いたします。

特急決算サービス

申告期限が近づいているが、そもそも申告するかどうか悩んでいる
申告期限が近づいている・・・
誰に相談したらいいんだろう・・・。

目の前には1年分の領収書の束。
何から手をつけたらいいか分からない。
当事務所ではこのようなお悩みの相談も多く頂いております。
決算でお困りの風俗経営者様、まずは風俗専門税理士事務所にご相談ください。

このようなお客様にお勧めいたします
  • 決算を迎えたが、何もしていない
  • 年間の取引数が少なく、年に1回の決算・申告のみの依頼で十分と考えている
  • 開業して1年目で初めての申告が近づいており焦っている
  • 帳簿の作成は自分でできるが、不安なので決算・申告は相談をしたい
  • 消費税の申告が必要になったが、消費税の申告は分からない
  • 今まで自分で申告してきたが、今回の決算・申告は税理士に依頼したい
  • 今まで無申告できたので、どうのようにしたらよいか分からない

複数年の無申告でも、申告期限が過ぎてしまっていても対応いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

  • 脱税の相談、および当事務所からの脱税の提案依頼は一切受け付けておりません。
    安易な脱税計画は必ず税務調査時に見つかってしまいます。
    合法的な節税をして健全な経営をされる事をお勧めしております。
セカンドオピニオン

セカンドオピニオンという言葉をご存知でしょうか?
医療の分野の場合、患者が主治医以外の医師に意見を求めることを言います。
複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくことであります。

税務の分野でもセカンドオピニオンは普及してきております。
外科、内科など医師の中でも専門分野があるように税理士にも得意分野が存在します。
その業界に精通している専門家の意見を聞くことで、より適正な判断をすることが可能になります。
風俗業界の税務は、多くの風俗業界の情報を有する当事務所へお任せください。
※現在、お付き合いしている税理士を変える必要はございません。

このようなお客様にお勧めいたします
  • 今現在お願いしている税理士はいるけど風俗営業の経験が乏しい
  • 同業の方に相談をしているが都市伝説かどうかの判断がつかない
  • 今行っているキャストの処理(源泉所得税、消費税)が不安
  • キャストとの契約書や誓約書などの雛形が税務調査の時に不利にならないか確認したい
  • 申告はしたいけど名義人がバラバラでどうすればいいかわからない
  • 申告をすると払わなければならない税金がどのくらいなのか知りたい
無申告でお困りの方へ

警察への許可や届出はおこなっているが税金に対してはまったく手付かず。
利益なんてでるかどうかもわからないから税金の問題は後送り。
同業の先輩経営者から税金は払わなくて2年ごとに名義を変えれば大丈夫という都市伝説を信じてしまっている。
キャストから厚生費として源泉所得税分とあわせて控除しているけど一度も納税したい事がない。
こんな状態の経営者の方はいませんか?
結論から言ってしまえば、無申告ほど危険な税務上のリスクはありません。

日本の国税局、税務署の調査能力はとても優秀です。
「逃げ切れる」と考えるのは賢明ではありません。
そして、いつ税務調査が来るかはわかりません。
すでに内観調査をされていて税務調査に入る準備をされているかもしれません。

今からでも遅くはありません。
無申告で不安な生活を送るのであれば、まずは当事務所へ相談をすることをお勧めします。
これは決して脅かしでもなく、前向きなアドバイスです。

いざとなったら逃げてしまえば良いとお考えの方もいるかもしれません。
しかし、良く考えてみてください。
生活基盤のすべてを捨てて逃げきることは簡単にできるものではありません。

また、ウチは儲かっていないから、税務調査に入られても平気と高をくくっている方も要注意です。
税務署は内観調査を入念に行い、確固たる証拠を得るための下調べをしてから来ます。

赤字だと思って経営していても、税金には源泉所得税や消費税などの利益に対する課税以外のものもあります。
赤字だから税金がかからない訳ではありません。

当事務所に相談するメリット
どんな状況でも相談をうけております

顧問税理士としてお付き合いいただいているお客様もいれば、税務調査が入った段階でお問い合わせをいただき、税務調査の立会いを受任するケースもございます。
お客様が無申告を続けていたという場合でも、まずはご連絡をいただければご相談に応じさせていただいております。
※ただし、脱税依頼及び横柄な態度のお客様、1円でも報酬の安い事務所との契約をとお考えのお客様は、初回相談後の受任をお断りさせていただいております。

風俗営業に関する税金知識・税務調査経験が圧倒的に強い

税理士法人松本では、風俗営業に本気で特化しております。
セカンドオピニオンでも紹介しましたが、外科、内科など医師の中でも専門分野があるように税理士にも得意分野が存在します。
その業界に精通している専門家の意見を聞くことで、より適正な判断をすることが可能になります。
風俗業界の税務は、多くの風俗業界の情報を有する当事務所へお任せください。
当事務所には多くの風俗営業に関する税務調査対応の依頼があります。
税務署の税務調査だけではなく、国税局(資料調査課)の税務調査経験も多数有しております。
こちらはお客様の声を見ていただけると信憑性があると思います。
お客様の声を動画で実名をだすことができるのは、お客様からの信頼と実績があるからです。

現在関与している風俗営業の業種です。
キャバクラ・クラブ・ラウンジ・ホストクラブ・ガールズバー・ライブチャット・交際クラブ・デリヘル・ソープランド・ピンクサロン・
ファッションヘルス・パチンコ・ゲームセンター・雀荘・ダーツバー・ダンスホール・ラブホテル・レンタルルーム・アダルトショップ・
出会い喫茶・映像配信・テレクラ・他

年間約200件の風俗営業に関する税務相談を受けております。
累計での相談受付件数は1000件を超えました。
常に最新の業界動向が入ってくるのが当事務所の特徴です。

どんなに話しづらい事でもお気軽に

税理士と聞くと、「固そう」「とっつきづらそう」といったイメージがおありかもしれません。
当事務所では、税理士との付き合いがはじめての方でも相談できやすい雰囲気づくりに力を入れております。
お客様にご協力いただいたアンケート結果でも「なごやかな雰囲気で落ち着いた」、
「肩の荷が半分くらいになったように感じた」といただいており、相談のしやすさには定評がございます。
また、打合せは完全個室にて行われ、税理士には厳重な守秘義務が課せられております。
どんなに話しづらいことも遠慮なくお聞かせいただければ幸いです。

無申告の状態で税務調査が入ってしまっている方へ

経理に関する資料を絶対に捨てないでください。
税務調査が入るのを恐れ、日報や伝票類などの関連資料を一式破棄していませんか?
それは、非常に危険な状態です。

資料がなければ、売上や利益を把握することができない。
だから、税金を払う必要はないと考えて資料を破棄している場合は、破棄をやめてください。
経営者の中には、先輩方からの指導で書類はすべて破棄するように訓練を受けてきたという方もいらっしゃるかもしれませんが、税務署はそんなに甘くありません。

資料がないからと言って課税しないかというとそんな訳がありません。

この場合、カード売上などカード会社への反面調査や通帳に記載されている事実からの同業種比率等を用いて総売上高、経費、利益を算出し税額の計算を行います。その他、カード売上がないとしても仕入や広告宣伝費や通信記録などから売上や利益の推計が行われます。
これに経営者の生活実態や資産状況などを総合勘案して全体の把握を行われます。
問題は、日報や伝票などの帳簿書類を破棄してしまうことで消費税の取扱いで有利になる事はありません。、消費税法では資料がないと仕入税額控除ができないと定められております。従って、売上に係る消費税をまるまる納税しなくてはいけなくなってしまったという最悪な事態に陥る危険があります。
手遅れになる前に、いち早く連絡をください。

税務調査

税務調査と聞いて「ドキッ」とする経営者の方がほとんどではないでしょうか。
こんな不安ありませんか。

このようなお客様にお勧めいたします
  • 税務調査が不安だ。
  • マルサの女みたいな人が来るのだろうか?
  • おみやげって必要なんだろうか?
  • いくら追徴税額を払うのだろうか?
  • そもそも税金の申告をしていない。
  • 帳簿って何? 領収書とか保存していない。
  • ついつい不適切な申告(脱税)している。
  • とりあえず雑費(厚生費)控除はしているけど・・・
  • 税務調査で逮捕されるのかな?
  • 何年遡られるんだろ?
  • 家族の所にも調査が行くのかな?
  • うちの税理士は風俗業界に詳しくないんだよな・・・
  • 風俗の税金って相談する人がいないよ・・・

税務調査は、悪い事をしていなくても気持ちがいいものではないのかもしれません。
税務調査は逃げることができず、想像以上にストレスがかかります。
風俗営業の税務調査には、風俗専門税理士事務所へ相談することが問題解決への近道です。

税務調査依頼後の流れ
税務調査実績

税務調査の実績についてはお客様の声にまとめております。
まずは当事務所の実績を生の声から感じ取ってください。

お客様の声はこちら
税務調査Q&A
予告もなく、突然に税務調査が入りました。どうしたらいいですか?
すぐに風俗専門税理士事務所(相談予約受付専用フリーダイヤル 0120-69-8822)にご相談ください。
税務調査が入ったときは、慌てずにまずは電話・メールでご相談ください。
日報や帳簿をすべて処分してしまいました。どうしたらいいですか?
帳簿がないからといって、納税額がゼロになることはありません。
推計課税といわれる方法で税額を決定されてしまう恐れがあります。
既に帳簿を処分されている場合には、風俗専門税理士事務所(相談予約受付専用フリーダイヤル 0120-69-8822)にご相談ください。
警察には無店舗型性風俗特殊営業の届出をしていますが、税務署には届出など一切したことがありません。
今の時点では税務署からの指摘はありませんし、このまま無申告でもばれませんよね?
多く見かける無申告のパターンです。
無申告であることを把握され税務調査に入る前に過年度分を含め、なるべく早く申告することをお勧めします。
まずは風俗専門税理士事務所(相談予約受付専用フリーダイヤル 0120-69-8822)にご相談ください。
税務調査にはどのような対策が必要ですか?
調査対応には、帳簿書類や契約書の整備など、必要なことがたくさんあります。
風俗業に特化している風俗専門税理士事務所には、調査対応の豊富な経験と知識があります。
お客様の声にもありますが、風俗専門税理士事務所が対応した税務調査では追徴税額ゼロで調査終了した実績も多くあります。
税金は払いたいと思っているけれど、払うお金がありません。税金って安くなりませんか?
風俗業は、残念ながら金融機関から融資を受けることが困難です。
そのため、他業種に比べ、風俗業では、会社が自前で資金を調達する必要があります。
風俗専門税理士事務所が会社内に資金留保をしつつ、合法的な節税スキームを提案させていただきます。
税金対策をしながら会社を健全に成長させていきましょう。
是認通知書解説

「是認通知書」とは税務業界の中での呼び名であり、実際の書面のタイトルには「更正決定等をすべきと認められない旨の通知書」と記載されています。
この通知書は税務調査の結果、当初の申告について問題点がなく正しい内容であることを証明する書面となります。
税務調査ではその経理処理が正しいのか誤っているのかで争いとなる場合があります。
「是認」とは「これを認める」ということですから、その経理処理が正しいと認められることを言います。
一方「是認」と対になる言葉は「否認」といい「認めることはできない」、すなわちその経理処理は誤っているため正しく直しなさいと指導をされます。
この否認事項を納税者側が認めて申告をしなおすことを「修正申告」といい、否認事項を認めず納税者側が修正申告を行わない場合には税務署側が「更正・決定」という処分が行われることとなります。

推計課税について

税務調査が行われる際に、日々の取引の裏付けとなる帳簿書類(売上伝票や日報、領収書、請求書)といった直接的な資料を紛失や破棄してしまっている場合があります。この場合には納税者の財産や収入や支出の状況から所得を推計することにより課税がなされます。

源泉所得税の取り扱い

源泉徴収制度とは、給与や報酬を支払う際に所得税を差し引いて国に納付を行う制度のことです。
給与の場合には「源泉徴収税額表」により税額を計算し、報酬の場合にはそれぞれの計算式に当てはめて徴収と納付を行うようになります。
風俗営業において代表的な計算式はキャバクラのキャストに対する報酬によるものです。
ホステスの源泉徴収税額の計算は報酬額について、1回の支払につき5千円にその報酬・料金の「計算期間の日数」を乗じて計算した金額を差し引いた残額に10.21%の税率を乗じて算出します。
この「計算期間の日数」とは、「営業日数」又は「出勤日数」ではなく、ホステス報酬の支払金額の計算の基礎となった期間の初日から末日までの全日数です。

雇用と請負について
1. 雇用と請負について

雇用契約とは事業主と労働者間での契約であり、支払われるものは給与となります。
請負契約とは事業主と業者間での契約であり、支払われるものは報酬・料金となります。
労働法の観点からは、雇用であれば労働審判となり労働基準監督署からの監督・指導を受けることとなります。

2. 雇用と請負における消費税の違いについて

消費税の取り扱いについては、給与は不課税、請負は課税の取引となります。
例えば10,000円を給与で支払った場合には消費税は0円、請負として支払った場合には消費税が含まれて支払われていることになります。
すなわち、雇用となるか請負となるかで納めるべき消費税額に大きな差が発生します。
当然に税額に大きな影響を及ぼす項目ですので税法でもその基準は厳格に定められております。

1 他人が代替して業務を遂行すること又は役務を提供することが認められるかどうか。
再委託が認められなければ雇用と判断されます。

2 報酬の支払者から作業時間を指定されるなど時間的な拘束(業務の性質上当然に存在する拘束を除く。)を受けるかどうか。
時間などは自己の判断に基づいているかどうか。遅刻したらペナルティーがあるなど業務時間や場所等の拘束や指定を受けないこと。

3 作業の具体的な内容や方法について報酬の支払者から指揮監督(業務の性質上当然に存在する指揮監督を除く。)を受けるかどうか。
仕事をする場合に、その作業についてオーナーから指揮命令を受けないこと。

4 まだ引渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失するなどした場合において,自らの権利として既に遂行した業務又は提供した役務に係る報酬の支払を請求できるかどうか。
損害賠償保険に加入すべきは外注先となります。また、請求については仕事が完成してからでないと報酬を請求することができないこと。

5 材料又は用具等(釘材等の軽微な材料や電動の手持ち工具程度の用具等を除く。)を報酬の支払者から供与されているかどうか。
つまり自分持ちということ。

税務調査の流れ

通常の税務調査は事前に調査についての連絡が入りますが、風俗業の税務調査の場合は事前に連絡がない無予告で行われることがほとんどです。 いつ税務調査がはいっても大丈夫なように事前の対策をすることが重要です。

事前に確認しておきたい項目
  • 申告書・総勘定元帳の整理
  • 伝票・請求書・領収書などの整理
  • 契約書(印紙の貼付確認)・証憑類の確認(稟議書含む)
  • 給与台帳・源泉徴収簿の整理
  • 帳簿類の整理
  • 金庫・ロッカー・事務机・書類棚の整理整頓
  • 調査日現在の現金勘定の確認
  • 棚卸資料(原始記録)の確認
  • パソコン内の整理(社長・経理担当)
  • 従業員名簿、業務委託契約書の確認
税務調査当日までにそろえておくべき帳票類
  • 領収書の控え
  • 請求書
  • 総勘定元帳
  • 入出金伝票
  • 議事録
  • 従業員名簿
  • 業務委託契約書
  • 預金通帳
  • 日報
  • リスト表
  • クレジットカード明細
  • 同族関係者との取引
  • 賃貸借契約書
  • タイムカード
  • 出勤簿
  • 源泉徴収簿
  • 扶養控除申告書
  • 役員報酬改定の議事録
  • 社会保険関係書類
  • 在庫表